お役立ち情報 産業スパイへの対策を立てる | 企業信用調査 雇用調査 情報調査 盗聴盗撮調査 嫌がらせ調査 − 探偵事務所パーソナルインテイク

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ

トップページ > お役立ち情報 企業防衛 > 産業スパイへの対策を立てる

お役立ち情報 企業防衛 探偵事務所

お役立ち情報 − 産業スパイへの対策を立てる

企業防衛情報漏洩の実態セキュリティーの弱点企業の情報収集対策を立てる

産業スパイの工作の傾向を分析する

産業スパイは古典的な手から新たな手法など様々な手段で接触してきます。

個々のアプローチの仕方は違えど最終的な目的は一緒となるので、訓練すれ見分けることもできます。相手の手の内を知り、それを対策に反映させる事はとても重要なのです。


セキュリティー計画を立てる

まずはコンピュータセキュリティの確立が第一です。これは対外・対内と両方面からのセキュリティを意味します。

次に行うのは社内情報の機密レベルの分類や社員別の機密事項へのアクセスできるレベルの振り分けを確立することです。内部の誰もが自由に情報に触れられる状況であれば、その中におかしな考えを持つ者も現れるかもしれません

さらに次に行うのは社員へのセキュリティ意識の教育です。セキュリティの意義、情報漏洩による会社の影響、関連法規や罰則、産業スパイの行動パターンなどの知識を持たせます。いくら情報セキュリティ技術を高めても、それを扱う人間が弱ければ情報流出に歯止めを掛けることができないのです。

最後に継続して行うのは社員に対するセキュリティ教育訓練とセキュリティ意識を維持・向上させることです。産業スパイは日々新たな手を用いて探りを入れてきます。常に最新の知識を持つことは重要です。


社員に対するセキュリティー教育訓練

社員に対する教育では、その分野に長けているセキュリティコンサルタント会社に教育を依頼するのが確実な方法だといえます。

専門家による講習は理解しやすいうえ実践的であるため、社員の教育には最適といえますが、それだけに終始してしまう事はあってはなりません。

企業により機密の中身や取り扱いには差がため、セキュリティコンサルタント会社のアドバイスを受けつつ自社にあった教育を主体性を持って行わなければならないのです。


社員のセキュリティー意識を維持・向上させる

人間の意識は時間が経つほど低下してしまいます。

維持するだけでも難しいのに、ことセキュリティに関しては向上させなければなりません。それはただ単に定期的な講習だけでは得られるものでは無く、アメとムチを使った方法もあるいは必要となるかもしれません。

そこまでの強硬策は必要があるのか、当然に湧いてくる疑問ですが、事件や事故が起こってしまってからでは遅く、石橋は渡るたびに叩かなくてはならないのです。

お問い合わせ 探偵事務所

トップ|探偵事務所パーソナルインテイク