情報漏洩・産業スパイ調査のご依頼例 | 企業信用調査 雇用調査 情報調査 盗聴盗撮調査 嫌がらせ調査 − 探偵事務所パーソナルインテイク

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ

トップページ > 調査項目 > 情報漏洩・産業スパイ調査 > 情報漏洩・産業スパイ調査のご依頼例

情報漏洩調査 トップページ

情報漏洩・産業スパイ調査のご依頼例

※この依頼例は関係者の承諾のうえ個別情報を伏せてあります。

病院の情報管理

依頼者 院長 金本勇蔵さん(仮名)

ご相談・ご依頼に至る経緯 

最近、院長は内科の医師からある疑惑について聞かされた。疑惑の発端は、その医師が受け持つ患者の多くが同じ健康補助食品を摂取しているという出来事だった。その補助食品は聞いたことも無いような名前でただ単に流行している物ではないようだった。医師は患者に頼んで実物を見せてもらうと中国産で「なんにでも効く万能薬」などと称して見るからに怪しいものだった。同僚の医師に聞いてみるとやはり服用している患者が多いことが判ったが、他の病院では全くそのような事は無いという。さらに詳しく調べると服用している患者はみな胃腸が弱く何かしらの疾患を持っており、その薬のダイレクトメールやセールスマンの訪問では特に胃腸の元気を取り戻す事を強調していたという。これらが指し示しているのは院内の資料の流出だ。しかしその当時の病院は情報管理を全く行っておらず、例え部外者でもちょっとした工夫で簡単に該当の情報に接する事ができることが判った。たいして大きくない病院でこのようなスキャンダルは経営に直接影響が出るため、周囲に気付かれるような大げさな調査は避けなければならなかった。散々悩んだ院長は、以前から個人的な件で調査を依頼していた当社に、この件に関しても調査を依頼した。

この調査のポイント 

まずはその出来事が情報漏洩によるものかを精査する必要があるが、院長はその点に関してはほぼ間違えは無いという。

ご提案した調査方法 

依頼者と綿密な話合いを行い、情報の流出経路の特定、犯人の特定、背後関係の調査を行う事になった。

調査開始から終了まで 

流出したと思われる情報は医局の片隅に無造作に置かれた書類でほぼ誰でも閲覧可能な状態であったためアナログな調査がメインとなる。あらかじめ用意してもらった情報接触可能者リストを元に、1名ずつ評判や勤怠の調査から開始した。結果、問題のありそうな人間をおよそ1/4まで絞り込んだ。さらに対象の生活状況まで掘り下げて調べると3人まで絞り込む事ができた。そのうちの一人は問題の薬を同僚に勧めていた事が判り、その人間を中心に調査を進めてると例の薬を輸入販売している会社の役員の一人と問題の一人は親族である事が判明し、薬と病院をつなぐ1本の線が見えてきた。これ以上は有力な情報を掴む事ができなかったが、病院は証拠を元に対象と話し合いを行い、対象は自主退職となった。

この調査に要した日数 

当調査に要した日数は9日間になった。
聞き込みは細心の注意を払い行ったため、情報の収集とその確認には時間が掛かった。

お問い合わせ 探偵事務所

トップ|探偵事務所パーソナルインテイク