嫌がらせ・クレーム対策調査ご依頼例 | 企業信用調査 雇用調査 情報調査 盗聴盗撮調査 嫌がらせ調査 − 探偵事務所パーソナルインテイク

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ

トップページ > 調査項目 > 嫌がらせ・クレーム対策調査 > 嫌がらせ・クレーム対策調査ご依頼例

嫌がらせ調査・クレーム対策調査 トップページ

嫌がらせ調査・クレーム対策調査ご依頼例

※この依頼例は関係者の承諾のうえ個別情報を伏せてあります。

全国チェーン店舗のケース

ご依頼者 飲食店店長 Aさん

ご相談・ご依頼に至る経緯 

飲食店を営むAさんは度重なる嫌がらせに苦慮していた。ラーメン店を営むAさん知人から恨みをかう様な事は全くなかったが、隣家の住民から事あるごとに店からの臭いや煙に対する激しいクレームがあったため、嫌がらせもその住民による物だと見当はつけていた。店の出したゴミを店舗前で撒かれてあったり、最近では店舗裏手にあるグリストラップの中身が周囲に撒かれて悪臭が店内に漂ってくるという。犯人の目星は付いても具体的な証拠をあげれず堪りかねたAさんは当社に相談した。

この調査のポイント 

店舗に対する嫌がらせ行為を撮影する事と、加害者が誰であるか人物特定する事が重要となる。

ご提案した調査方法 

夜間でも撮影可能な小型の監視カメラをゴミが撒かれる玄関付近と裏手のグリストラップ周辺に合計4台設置、後に映像を解析し犯人や犯行の詳細を特定することとした。

調査開始から終了まで 

3日間の撮影を終え早速映像を分析する。3日間のうち嫌がらせの被害が遭った日の早朝4時、裏手に設置したカメラに人影が確認できた。その人物は頭と顔の部分にタオルを巻いた姿でグリストラップを柄杓で豪快に撒いている姿を捉えていた。加害者の顔面はかなり接近して捉えていたものの覆面をしていたため人物の特定には至らず、Aさんとの協議で2日間の張り込み調査を延長して行うこととなった。張り込み初日の明け方近くの午前4時過ぎ、監視モニターに人影が写る。調査員は敷地に進入し事に及んでいる姿を確認し直ちに加害者の確保を行う。加害者は逃げることもせずその場にへたり込み、連絡後駆けつけたAさんによりトラブルを抱えていた隣人と判明する。その後、Aさんの要望で警察には通報せず加害者に一筆書かせることで調査は終了した。

この調査に要した日数 

当調査に要した日数は4日間になった。
いつ犯行が行われるかが不明ではあったものの嫌がらせの頻度が高かったため、比較的短い期間の調査で終えることができた。

お問い合わせ 探偵事務所

トップ|探偵事務所パーソナルインテイク